台湾発見 ショッピングガイド お問い合わせ
サイト内検索
ビルについて
ビルについて
Building Information
設計理念

代表的な超高層ビルの設計で最も困難なのは建築技術ではなく、文化の表現です。
地域の文化と国際文化をバランスよく表現し、最適な独創的造形と象徴意義を見つけ出すことです。

芸術スタイルと高まり続ける富の律動とのコラボレーション

高くそびえる建物は、西洋では未知の信奉、征服、そして追求を象徴しています。
東洋では将来に対するより広い理解と包容を表しています。
「高く登る」のは高く「望む」ためであり、たやすいことではなく、徐々に自ずと幾重にもたくましくなっていくことです。花が咲くように富の頂に登りつづけるという考えが、世界的にも独特な多段式の超高層ビルを成就させました。
TAIPEI 101が上り続ける高さは、台湾が新世紀の新たな視界にあることを象徴しています!

幾重にも連なる縁起

単一のボリュームを超越する設計観は、中国人にとって縁起の良い数字「八」(「発」と発音が近似)を設計単位とし、8つのフロアをひとつの構造のまとまりとし、それぞれをつないで幾重にも積み重なっています。リズミカルな美感を持った外観は、世界の摩天楼に新たなスタイルを切り開いています。

絶えることのない強靭さ

多層式の外観は、ハイテクの巨大構造によって防災防風に対して著しい効果を発揮しています。8つのフロアごとに空間のまとまりとすることで、高層建築が引き起こす吹き下ろしのビル風を抑え、緑化植栽エリアを設けることで、通行者の安全と快適性を確保しています。竹が勢いよくしなやかに生長するようなデザインは、次々にわき起こる中国伝統建築の考えを象徴しています。

豊かなきらめき

夜間、ビルから放たれるきらめく明かりは、台北の夜空を照らし、栄光への道へと導いているかのようです。傾斜した外壁が積み重なる構造は、花がほころび、今にも富があふれ出しそうです。高さによって眺望も異なり、「一輪の花も一つの世界をなし、台湾にも如来が訪れる。台湾から世界に踏み出し、未来に向かって邁進する」という東洋独特の理念をここに表現しています。

建築について

建築構造

「この構造システムは建築技術の極みである。」構造設計者顧問、米国人ソーントン・トマセッティ

当ビルは深さ80mに達する基礎杭380本によって支えられています。 92階から88階にかけて吊り下げられた世界最大のパッシブウィンドダンパーにより、自然の力が引き起こす揺れを緩和し、ビル内にいる人々の安定性と快適性を保っています。 8つのフロアごとにアウトリガートラスを組み合わせています。 36本の支柱が垂直の支えとなっており、そのうちの8本の巨大な支柱が周囲を取り囲んでいます。 靭性のある立体銅構造システムによってすべてのフロアの柱を結び付けており、超高層ビルの安定性を保っています。
エネルギー管理システム

エネルギー管理およびコントロールシステム(EMCS)はビル全体の電気機械設備を監視し、自動的に省エネルギーを実現するように設定、コントロールされます。

垂直輸送システム

「快適、便利、高速、安全およびスマートな輸送システム。テナントおよびオーナーの要求をも凌ぎます。」エレベーターおよびエスカレーターメーカー・東芝

エレベーターシステム(オフィスフロア)

展望台エレベーター
シングルデッキエレベーターが2基あり、積載量は1,600kg(24人)です。2004年、ギネスに世界最速のエレベーターとして認定されました。流線型の気圧制御システム搭載のかごを採用し、乗客の快適性を保っています。上昇速度は最高で毎分1,010mに達します。

乗用エレベーター
乗換フロア直通エレベーターは、ダブルデッキエレベーターが10基あり、積載量は2,040kg(31人)です。各フロアに到達するエレベーターは、ダブルデッキエレベーターが24基あり、積載量は1,350kg(20人)です(合計6つの階層に分かれており、それぞれに専用エレベーターが合計4台)。その他、シングルデッキエレベーターが3基あります(積載量はそれぞれ異なる)。

貨物用エレベーター
シングルデッキエレベーターが3基あります(うち2基は積載量2,040kg、1基は4,800kg)

駐車場エレベーター
シングルデッキエレベーターが6基あり、積載量はそれぞれ1,600kgで、1階エントランスホールに接続しています。

電力供給システム

台湾電力の虎林、世貿の2つの変電所より、デュアルサーキットシステムで2組の22.8KV高圧電源を当ビル地下2階の受電室に引き込んでいます。

ビル内部に2本の給電線ルートを敷設し、電力をビル内部の機械フロアにある2つの配電室に送電しています。

各オフィスフロアは機械フロアの2つの配電室とつながれており、2つの電源、2つのバックアップ、2本の給電線を設けることで、停電のリスクを大幅に低下させています。

当ビルは無停電電源装置(UPS)を設置し、台湾電力からの電力供給が全面的に中断した場合でも、非常用発電機が起動し、ビルのセキュリティ監視システムは正常に運用されます。

当ビルには8台の非常用発電機が設置されており、合計で16,000KWの電力を長時間連続して発電でき、テナントエリアの約70%の電力を賄えます。

当ビル最上部には大型避雷針を、避難バルコニーの四隅には避雷突針を設置しており、雷によるリスクを避けています。

空調システム



メインシステム構造
高効率の冷水チラー、グリコールチラー、蓄氷槽の3つの部分で構成されています。

空調システムの運用
- 冷水チラーによって作り出された冷水を夜間の空調に使用します。
- グリコールチラーがグリコールを蓄氷槽を通すことで日中の空調を行います。
- 各フロアのオフィスエリアでは、可変風量ファン(VAV)ユニットを通し、設定に応じて自動的に風量が調節されます。
- その他、テナントの求めに応じ、独立したパイプを通じてコンピュータルームに冷却水を供給します。

空調の供給
当ビルの空調システムは、世界有数のビルの空調環境、当地の気候データおよび今後の使用状況を斟酌して設計されたものです。お客様に快適なオフィス環境を提供するため、氷蓄熱システムと可変風量ファンシステムを採用し、現代のオフィス需要に最も適した空調品質を24時間絶え間なく提供しています。

消防システム

緊急事態が発生した場合、当ビルは直ちに緊急対策センターを設置します。消防大隊に協力して防災センターに防災対策指揮センターを設置します。

火災予防設備
- 当ビルでは全面的に不燃性または防炎性の建材および内装材を利用しており、テナントもまた防炎性の建材を利用しなければなりません。
- ビル全体に防火壁、防火シャッターおよび耐火充填剤によって防火区画を区切っています。
- 空調システムは、煙を検知すると自動的に停止します。

火災検知システム
- ビル全エリアに煙感知器を設置して常に空気を測定し、異常を早期発見できるようにしています。
- 同時に監視カメラを利用して火災の発生の有無を監視しています。

消防救援設備
- ビル全体にスプリンクラーを設置し、地下および機械フロアには防火水槽を設置しています。
- 機械フロアの消防用水は引力を利用して供給されるため、停電による影響を受けません。
- オフィスフロアには屋内消火栓を、地下駐車場には固定式泡消火設備を設置しています。
- ビル内の変電施設および発電機室では二酸化炭素およびFM-200によるガス系消火設備を採用しています。

避難設備
- ビルの東西両側に加圧防煙システムを備えた避難通路および避難階段が設置され、緊急時の避難に利用されます。
- 8階ごとに設けられた機械フロアの東西両側には安全避難室を設置しています。34階以上の機械フロアの避難室の外には避難バルコニーが設置され、互いに行き来できるようになっています。
- 避難室には監視モニター、緊急電話、飲料水および防災非常袋が配置されており、避難室で救助を待つ際に利用できます。
- オフィスフロアおよびおもな安全非難経路には排煙設備が設置されています。
- 非常用エレベーターにより、消防士が近寄り直接各フロアにアクセスすることができます。

通信システム

中華電信による最先端の通信統合インフラを設置しています。2か所の中華電信の通信施設より、異なるルートで2本の光ファイバーバックボーンが当ビルに引き込まれています。その後、17階および66階の主配電盤室(MDFs)から、10Gbpsブロードバンドの光ファイバーバックボーンを通って各オフィスフロアの中間配線盤(IDF)に伝送されます。

さらなる通信サービスのサポートおよび保障を提供するため、当ビルではその他3種類の通信施設を設けています。

マイクロ波通信

赤外線通信

衛星通信(2つの衛星通信施設と接続)

安全保障システム



安全保障システム

- 電子入館管理システムを採用し、ビルのすべてのメインエントランス、エレベーターおよび公共エリアにカードリーダーを設置しているため、テナント従業員および来訪客が入館するには光学式セキュリティゲートでカードを読み取らせる必要があります。それにより、関係者以外の入館を防止し、テナントの安全を保っています。
- 監視カメラを設置し、ビル内の光ファイバーを経由して、公共エリアを24時間監視・録画しています。
- 台北市警察信義分局、消防大隊との連絡ルートを確保し、当ビルエリア内のセキュリティ防護ネットワークを築いています。
- セキュリティ室を設置して台北101の安全管理に努めるとともに、世界的に有名な警備会社に24時間のビル警備を委託しています。

来訪客入館管理システム

- 1階エントランスホールに来訪客用臨時入館証発行機を8台設置しています。このシステムにより、テナントへの来訪客がご自身の手でテナントと連絡を取って入館証を取得できるため、身分証明証を預ける必要がなく、来訪客のプライバシーを保護できます。
- 来訪客入館管理システム(VAKS)では、テナントはデジタル画像によって記録された来訪客の情報を検索することができます。