台湾発見 ショッピングガイド お問い合わせ
サイト内検索
パブリックアート
パブリックアート
Public Art
建築工事の一里塚
中中国雲岡石窟の石洞構造と仏教芸術、ギリシャ・エレクティオン神殿の古典s建築と彫刻芸術、スペイン・グッゲンハイム美術館の多数の展示品と現代芸術…歴史に残る多くの建築と芸術は文明の歩みを刻み、美学の過程に印を残し、時を越えてもなお朽ちない力強い魂の証となっています。この美しい歴史を造り出す仲間に加わり、TAIPEI 101は地球のため、人類の第三ミレニアム(西暦3000年)を目指します。
パブリックアートの一里塚
  • 総建築費用の千分の五を超えるTAIPEI 101パブリックアート設置の予算総額は国内企業記録です。
  • 箇所に設置された9組の作品は、国内単一パブリックアート案設置箇所と作品量の点で最多記録を立てました。
  • 米・英・独・仏・台湾・香港の6カ国6名のアーティストと共に、水景設計チームも創作に加わり、参加人数の点でも記録的です。
  • 国内民間企業としては初めて、政府の公布した「パブリックアート設置法」に基づいて実施されました。
  • アート創作と建築工程が同時に行われ、建築家とアーティストが熱心に参加し、緊密に意思を通わせたことは、将来の模範ともなるものでした。
TAIPEI 101は「パブリックアートミュージアム」のコンセプトにより、三年間運営されることになっています。これにより、パブリックアートが空間を美しくする力を持つことを人々が直ちに理解し、その美的経験を生活に反映させることで、都市の美化に繋がるよう期待されています。
 
 
LOVE
ロバート・インディアナ アメリカ Robert Indiana USA 1928-
アルミニウム Aluminum 366cmX366cmX183cm 2002
世界のビジネスマンが行き交う金融センタービルの前にあり、世界共通語である「愛」をモチーフにしています。東西文化・人種・本土・国境の壁を取り除き、世界の平和と共栄を願って声を上げているかのようです。
 
 
印信
Seal 張義 香港 Cheung Yee,Hong Kong,1936- —
ブロンズ鋳造 Bronze 330cmX330cm 2002
烙印は塔の入り口の敬虔なる祝福。この「印信(公印)」は、九畳体という書体で書かれており、古銭が積み重なったように折り畳まれた文字です。周囲の文字は「漸晉・咸升・臨豊・履泰・師乾・観振・謙益・恒頣」で、中央には「永宝」の文字が置かれています。九宮格の構図は、「高昇」、「得財」、「福泰」、「開鴻圖」の奥義を詠唱するかのようです。この巨大な大作は、建築物や人々を祝福するだけでなく、企業主が「誠実さ」を起業理念としていることを具象化しています。
 
 
1-0
ロバート・インディアナ アメリカ Robert Indiana USA 1928-
アルミニウム Aluminum 45cmX46cmX25cm(10pieces) 2002
「1-0」アラビア数字の彫刻は、人の誕生、成長から老化、死までの生命の循環だけでなく、金融センターにおける実際の数字の取引をも象徴しています。
 
 
天地の間
天地の間 アリエル・モスコヴィッチ フランス Ariel Moscovici,France,1956-
淡紅色花崗岩 Rose de la claret granite 100cmX130cm(6pieces) 2002
作品「天地の間」でアーティストが造り出そうとしたのは、自分で軌道をまわる、温かく人情味のある銀河のようなものです。八個の半球体が大きな輪を構成しており、「天地の間」は宇宙の無限の輪廻と万物の尽きることなく伝えられる様を象徴しています。また古代中国文明の「八卦(易に使用される符号)」「天円地方(天は丸く地は四角いという宇宙観)」などの考えをも表現しており、アリエル・モスコヴィッチのオリエンタル文明に対する思い入れが込められています。 広々とした道の街路樹の下には、八体の石の彫刻があります。座って一休みしているもの、遊び戯れているもの、ひざを交えて談笑しているものがあり、それらは街路に自然に溶け込み、待ち合わせの「あの場所」となっています。
 
 
龍躍雲端
龍躍雲端 水晶水景設計会社 CrystalFoutainInc.,Canada
水と光の舞、楽音と笑い声が織り成す生き生きとした楽園
「龍躍雲端」の噴水は、周囲の長さ17,5メートル、幅7,5メートルです。地面の石材には二匹の巨大な龍が刻まれています。中央の灯は集まった水柱と組み合わさり、「珠」の意を表しています。全体的な構図は、珠を抱く激しい動きに満ちた二匹の龍です。
龍の体には200個の噴水口があります。水柱の高度やリズム、起伏と光影の変化はコンピューターで制御されており、まるで龍が舞い上がっているかのようです。「珠」は25個の大形噴水口と78個の変色する照明で構成されており、コンピューターであらゆる変化を演出しています。躍動する龍の頭から溢れ出す水と霧の中、心からの歓迎の意を表しています。ようこそ、水の中で一緒に舞いましょう、と。 一日中座っていても見飽きることがなく、心ゆくまで楽しめる……台北の都会の中心に別世界が広がります。北側には行政機関・商店・ホテル等建築群が連なっており、ここ噴水広場は信義計画区の中心地となっています。放射線状の石材の面と外側の面の対比は、噴水広場に集まる人々を更に生き生きとさせてくれます。
 
 
陰と陽の対
陰と陽の対話 レベッカ・ホーン ドイツ Rebecca Horn,Germany,1944-
土台 Base:450cmX450cmX15cm 柱状の作品の高さ
Cylinders on base:150cm~220cm 2002
ドイツから来たレベッカ・ホーンは、機械のエネルギー原理を巧みに用い、深い思案の末に会得した中国の伝統的な「陰」「陽」の概念を伝えています。鏡は「陰」を、望遠鏡は「陽」を表しており、エネルギーによって陰陽の変化を作り出しています。陰と陽は互いに相克し、反映しあい、共栄しています。それによって、見る人と環境において、尽きることのない対話を含んだひとつの思いを伝えています。
 
 
都市交響曲
City Composition ジル・ワトソン イギリス Jill Watson,Britain,1957- 1957-
ブロンズ Bronze 170cmX120cmX90cm(3pieces) 2002
人々があふれ出てくるショッピングモールの前にあって、ジル・ワトソンが一外来者の視点から接近して観察し、とらえた台北の都会人の気質を表現しています。三体の人物像は、生活をゆったりと楽しむことや、家族のぬくもりを表しています。作品の人物の動きは大きな戸外の空間にリズムを生み出し、ビジネスと往来の激しい交通によるストレスを和らげてくれています。あたかも私たちにこう語りかけているようです。「そう焦らないで。ほら、この街はどこもすてきな風景であふれているよ」c
 
 
世界の輪
世界の輪 荘晋 台湾 Chung Pu,Taiwan,1947-
黒色花崗岩、白色大理石 外円直径2140cm
もっとも豊かで華やかなショッピングモールにあって、「世界の輪」はじっと沈黙を守っています。環状の黒色花崗岩が陽光広場の地面にはめ込まれ、白色の文字で全世界の有名な都会や無名の田舎町が、無作為に、順不同に刻まれています。これは互いに境界を作り、自分を中心とした姿勢を表しており、これは人間関係やグローバル化のうねりを省み、反問するものです。 まるで光の殿堂のような陽光広場にある、光と影の間をゆっくり移動するような「世界の輪」は、もうひとつの生き物の輪廻を生き生きと表しています。光が上部天蓋を通り抜けると、「世界の輪」は、まるでもうひとつの空間を回っているような、また宇宙の数多くの有名無名の星が互いに光り輝いているかのようです。
 
 
無限生命(エンドレス・ライフ)
康木祥 ,2013
材質:ワイヤーロープ
寸法:高さ366 x広さ320 x厚み280センチ
巨大な天に聳えたつ偉大な建築も、命が吹き込まれるまで絶え間なく続く基礎建築賜物である。「無限生命」という主旨の基に、本作品は台北101高速エレベーターの廃材ワイヤーを使用しており、その使命を終えたワイヤーロープに新たな命を振り込みました。芸術として再生利用されたワイヤーは台北101ビルディングが世界最高のグリーンビルディング(英語:Green Building)である証でもあります。