台湾発見 ショッピングガイド お問い合わせ
サイト内検索
1/JAN.
2017
2017台北101カウントダウンイベント「台湾ライティングアップ」

  「5、4、3、2、1!」市政府前の広場で百万人以上の来楊者のカウントダウンの叫び声の中で、13年目の台北101カウントダウンイベントが青と赤の光束で真っ黒な夜空を裂け抜きました!これは台北101が一干支12年を過ぎ、過去にパーフェクトなピリオドを打った後、新しい形で見せる「2017台北101新年ライト花火ショー」になります。はじめてライトと花火をリンクさせ、パフォーマンスを楽しませ、また800個のPCライトを取り付けてショーを演じ、世界初の取り組みだといわれています。さらに、金色を主とする花火とのコラボレーションにより、全長238秒のライト花火ショーで新しい一年を迎え、台湾をライティングアップします!

全部で2万発の花火、800個のライト勢いよく台湾をライティングアップ

2017台北101の新年ライト花火ショーは観光局と連携しながら、また経済部国際貿易局が10社の企業と連なってスポンサーとなり、メーンテーマを「台湾ライティングアップ」と名づけました。今回のカウントダウンイベントは完全に国内の専門家に任せており、これまでに何度も台北101と協力関係があった鉅秀公司に総合計画してもらい、また両岸三地で著名な台湾出身のライトデザイナー莊福民の協力を得て取り組みました。花火のバックミュージックは再度大京藝術にお願いし製作してもらい、そして台北市立交響楽団の協力を得て演出することになり、台湾人材とクリエーティブを存分に発揮したパフォーマンスだと言えましょう。

 

101カウントダウンイベントの新解釈ライト花火ショーは台湾色っぽい

台湾自製の花火を使用─台湾自製の花火が極めて稀であり、今回は特別に作品が素晴らしくて製作工程が厳しくて有名な山鈦煙火様に一部の花火製作を委託しました。山鈦煙火様はかつてディズニーランドの花火ショーの主要サプライヤーの一つでもありました。そして、多くの国際コンクールの中で優勝された実績があり、品質が高く評価されています。その他には、ポルトガルから調達した高品質の花火を取り入れ、東西融合によって台北の夜空をこれまでにないビジュアルアートを魅了してくれます。

今回、ライト花火ショーの実演総責任者である鉅秀公司様は、内外の花火業界で多くの大型イベントの設計と執行を取り組んできた会社であり、なお2011年のカウントダウンイベントの中で、国際著名な火薬の爆発アーティストである蔡国強氏と連携して、中華民国の建国百年カウントダウンイベントの花火ショーを仕掛けてきました。

 

ライトの数が記録を刷新2017台北101新年の花火設計は、花火とライトをリンクさせ、多元的な姿をお見せします。800個のPCライトとは、台湾PCライトの数としては初めての試みであるのみならず、世界が単一のイベントで、このような大量なPCライトを使う快挙となります。ライトのメーンサプライヤーは台湾企業が投資したACMEグループによって製造してもらい、当該グループは現在世界で規模最大の娯楽とステージ照明の主要メーカーの一つであり、その製品が国際間で認可され、高く評価されています。

ライトを制御するメーンデザイナーも同じく台湾出身の方であり、現在北京で大活躍している莊福民師匠です。莊福民師匠は昔台湾のライト界でライトの巨匠といわれ、後北京で事業を起こし、両岸のライト技師の中で少数に国際視野を持っている師匠級レベルのライトデザイナーです。

台湾チームが音楽を製作今年の”台湾ライティングアップ”という主題を表すため、今回の音楽設計は、豪華絢爛で目まぶしくて、馴染み深い古典音楽を組み合わせて演出することになりました。計ドイツの作曲家リヒャルト·シュトラウスの交響詩《ツァラトゥストラはこう語った》、フランスの作曲家ラウェルの作品《ボレロ》、ロシアの作曲家チャイコフスキーの《くるみ割り人形》、イギリスの作曲家エルガーの《威風堂々行進曲》、及びフランス作曲家オフッェバックのオペラ《天国と地獄》などを選び、全部で五部門の古典音楽を選びました。オーケストラの見事な改編を通して、今年の音楽が花火やライトとのコラボレーションによって視覚と聴覚において、いずれも観客に最高の感動を与えることができると信じています。

今回の音楽は、依然として馬友友氏のアルバムプロデューサーである嚴子貿氏に依頼をお願いし、及び彼がリードしている大京芸術団体によって全プロジェクトのクリエーティブと製作の総指揮になっていただき、また台湾で大変著名な作曲家であり、そして編曲家でもある李哲藝氏がオーケストラの編曲に担当してもらい、それに合わせて演出してくれるのは最も台北市を文化的に象徴できる台北市立交響楽団(TSO)に演奏していただき、音楽の工程設計はイタリアからお越しの専門家パクチュリ(Michele Paciulli)氏を招聘して担当してもらいました。

 

政府の新南向政策にフィーとバック台北101の外壁に8ヶ国語で挨拶

市民社

2017年台北101新年ライト花火ショーの協力及びスポンサー機関名(筆画順により、全部で12機関)─

  • 中悅建設機構
  • 中國信託
  • 交通部觀光局
  • 昇恒昌
  • 波蜜企業
  • 桃禧航空城酒店
  • 國際貿易局
  • 富美鑫亞洲控股
  • 達麗建設事業
  • 漢來美食
  • 興富發建設
  • 麗寶集團